ブドウの新芽

秋に食べたブドウの種。
大半は捨てましたけど、いくつか残してみました。
一般販売向けの果物は意図的な配合結果として種から発芽しにくい傾向があるようですが、まあモノは試しと言うことで蒔いてみたわけですよ。
幸いというか植木鉢と土だけはありますから。
ブドウの種もまた越冬が必要なので、いくつかは冷蔵庫に入れておく一方、蒔いた植木鉢は窓手摺に放置。
んでもって、初雪の後、部屋に入れて何となく忘れていたら、なんとまあ1つとはいえ発芽してたわけです。
画像

画像

そんなに暖かい部屋でもないので、発芽してもすぐ枯れる可能性もありましたが、カメさん用バスキングライトそばにおいて、ペットボトル利用の簡易温室との組み合わせで、なんとか成長している模様。
多分、甲斐路という品種だったはずで、実家の畑にはない種類だから、もし順調に育ったら、今あるブドウ棚の脇にでも植えてみようか。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック