産卵木引き揚げ

この前、用意したヒラタケのホダ木から作った産卵木。
まずは越冬させた雄雌あわせて5匹のオオクワガタにペアを組ませて、そこに産卵木を投入。
途中、産卵木の削られ具合を確かめつつ、一度栄養補給そしてペア内容を組み合わせ直して2週間。
予想以上に産卵木が削られたこともあって、引き揚げとペアを分離して単独飼育に変更。
画像

シロアリの被害のように派手に削られましたよ。産卵木。
ホダ木からの転用ということで、一般的に販売されている産卵木より、太くて長くて固いことがよかったかも。
それと市販品のように乾燥させず、生のままだったおかげで、菌糸が活発ということもよかったかもしれない。
既に、昨年孵化の幼虫も、何匹か蛹化。前蛹もどんどんと増えてきているので、今年成虫になったものに向けて、残りのホダ木も産卵木への転用をすすめていこう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック