ハズレを大処分

オオクワガタの産卵木。
10本以上使うと、うち何本かハズレ。つまり囓り痕が全くないものが発生します。
ペアリングの問題もありますが、やはり木そのものにも何らかの問題があるとみるべきでしょう。
ハズレの産卵木は、そのまま放っておいても意味がないので、実家の畑に使用済みの菌糸、割り出した後の産卵木などと一緒に積んでおくことにします。
クワガタは無理でもカブトムシは産卵していきますから。
ただし、ハズレ産卵木をそのまま積んでおいてもなかなか分解が進まないし、積み方も不安定になるので、文字通り大鉈を振るって、そこそこ細かく粉砕することに。
画像

アウトドア兼山菜採り向けに奮発してかったハシ付鉈が猛威を奮います。
ハズレ産卵木を割ってみると、何故産卵しなかったか、色々と分かることも。
給水時間の問題で、中の菌糸が育たなかったらしいというのが一番多いみたいです。
菌糸が育たず、ただ腐ってしまうとやはり産卵しない模様。
後、堅すぎる木も敬遠されるみたいですね。
囓った痕はあっても、幼虫が上手く潜り込めないのかな?
今年はまとまった量の産卵木を消費したので、木屑の山もそこそこ大きくなって、大雨で流された去年までの分もどうにか回復出来た模様。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック