テーマ:アニメ

君の名は。への徒然考察第4回 切り札はかたわれ時

意味不明な番外編から、どうにか軌道修正して、考察本編に戻ってきました。 「かたわれ時だ」 物語のクライマックス、見せ場の中でも特に重要なものの1つ、入れ替わっていた瀧と三葉が本来の身体に戻り、そして時間を越えて本当の意味で出逢うことができる唯一といっていいこのシーン。 ラストの二人の再会とは別の意味で、「ああ、よかった。」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君の名は。への徒然考察 番外編

早くも番外編です。火浦病と性癖は医学がどれだけ進歩して完治は不可能です。 さて、前回までは、どういう理由から瀧が入れ替わる対象に選ばれたのかという疑問から、延々ぐだぐだ持論を述べてきたわけですが、その過程で、ふと「君の名は。」のハッピーエンドは、宮水家の人間とその関係者の犠牲の上に成り立っていることに気づき、けっこう愕然となっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君の名は。への徒然考察第3回 未来の決断と約束

前回は、前々回のオチである、三葉は本来隕石落下の夜、死ぬ運命ではなかった。というところから更に、その母親である二葉もまた、もうしばらくは命を永らえているはずだった。という木の葉落としをかましてしまいましたが、失速したら、そのまま敵機をやり過ごしてなんとか機首をもちあげてください。 君の名は。 忘れたくない名台詞 31日万年日めくり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君の名は。への徒然考察第2回 彗星と隕石と糸守

前回は、何故、入れ替わり対象の片側が瀧だったのか?というところから、本来の正しい歴史は、2013年に三葉は死ぬはずではなかったという、インメルマンターンをしでかしましたが、皆さん、失速したり戻したりせず、きちんとついてきてくれてますか? 小説 君の名は。 (角川文庫)KADOKAWA/メディアファクトリー 2016-06-18 新…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

君の名は。への徒然考察第1回 なぜ瀧だったのか?という問いからの暴走的発展

この記事は、その製作目的並びに製作者の嗜好故に、盛大にネタバレや個人的な推測考察が盛り込まれています。 その点だけは十二分に承知した上で、読んでください。 君の名は。(通常盤)Universal Music =music= 2016-08-24 RADWIMPS Amazonアソシエイト by 映画を見終わって自宅に帰り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりのカラオケ

友人に、拉致監禁同然にカラオケに誘われてしまいました~ なにせ、部屋に13:00~18:00までと、5時間弱もいたわけですからねえ~ とはいえ、この前カラオケに行ったのが、昨年の8月だから実に半年ぶり。内容はともかくとしていいストレス解消になったかもしれない。 今回参加したのは、地元のアニメ特撮ソングを主体としたサークルの集まり。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more