テーマ:カブトムシ

クワガタ譲渡準備

今年は、オオクワガタ、ペアリング可能な個体が揃い、産卵木の数も多かったので、これまでで最多の幼虫の割り出しに成功。 幼虫段階でも飼育しきれるか危うい数なので、ちょっと知り合いに譲ってみようかな~ ちょうどよくというか、知り合いの子供がカブトムシとかに興味を持ちだしているので、話をもち…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

今年も土作り

カブトムシの幼虫が確認できたので、今年も昆虫マットのガス抜き兼自家熟成促進の開始です。 奮発して落葉樹ではなくでクヌギマットですよ。緊急時にはクワガタ幼虫にも転用できますし。 まずは、今年の分には使わなかった残りのクヌギマットに新品を投入。 古いマットと新品マットをよおく撹拌。 古いマット中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カブトムシの幼虫

実家で半ば放置飼育状態のカブトムシですが、そこそこ餌をやったり、ペアを組ませたりしたこともあって、どうにか、今年の幼虫の孵化を確認。 それでも10匹は越えました。 これで来年分の繁殖もなんとか続けられそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カブトムシの土作り

春先の交換に備えて、昆虫マットの発酵処理でもしましょうか。 パッケージ内のガス抜き処理もありますが、昆虫マットのクヌギ、多少発酵しているとはいえ、加水後、時間をおいて充分に追加発酵させた方が栄養価も高まります。 冬とはいえ、3ヶ月以上時間をおけばかなり発酵は進みます。積雪時は空気中の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アトラスオオカブト再び

この前、産卵を確認したアトラスオオカブト その後、雌の体力回復と、雄の暴行から護る為、別容器に移し、しばしまっていたわけですが、そろそろいいかなということで、マットを詰め直したケースに再び一緒に。 んでもって、再びしばしまち、卵を確認しました。 残念なことに今回はこの1個だけの模様。それでも前回の分も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カブトムシの幼虫

国産カブトムシの方ですが、卵の後、幼虫の孵化も確認。 この前、書いたように今年は世話不足で産卵数は少なめ。 今回確認できた幼虫数も8匹と遂に1桁となってしまいましたが、これなら来年分の繁殖はなんとかなりそうです。 でも、これだと来年は堆肥から幼虫を掘り出してきた方がいいかも。 <ミタニ>超…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アトラスオオカブトの卵

ペア×2で飼い始めてそれなりに時間が経ちました。 交尾そのものが失敗していなければ、そろそろ産卵していてもおかしくないので、成虫のつがいのうち1組を別容器に移して、マットの中を探ってみると、ありましたよ。白い卵。 国産のカブトムシとよく似ている…まあ、角の数は違いますが同じ甲虫ですからねえ。 今回は5つの卵が確認できました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交尾産卵は難しそう?

この前購入した処分品のアトラスオオカブトのつがい2組。 雌が地中にもぐったままで、こりゃ交尾は無理かと思ったら、数日後出てきてくれて一安心。 と思うのも気が早かった。 雄が結構積極的にアプローチしていると思いきや、体勢が明らかに交尾じゃない。 角で挟んで振り回しているじゃないか。 アトラスオオカブトの雄はかなり雌に乱暴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カブトムシの卵を確認。

成虫への羽化は遅めでしたが、カブトムシの卵を確認。 今年は幼虫の世話がおざなりだったせいで成虫のサイズが全体的に小さめだったせいか、卵の数も少なめ。 もっとも、これで次世代分は保証されたわけだし、一安心。 【ガス抜き済み★5リットル】新タイプビートルマット【カブト採卵及び幼虫飼育用】(昆虫マット…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なんとアトラスオオカブト

ホームセンターで半額処分だったので買ってしまいました。 アトラスオオカブト。 国産のカブトムシとかクワガタなら何匹も買いましたが、外来種は初めてです。 色々チャレンジ1年生! 雄雌それぞれ2匹ずつ残っていたので、計4匹まとめ買いです。 もちろんあわよくば産卵させ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カブトムシも羽化

実家の車庫に起きっぱなしになっていたカブトムシも羽化してました。 今年は冬前の土交換とか疎かにしたこともあって、全体的に小振り。 それでも雄雌あわせて20匹近いカブトムシが羽化しましたよ。 小さい幼虫は春先、近所の小学生にあげちゃいましたけど。 さて、産卵が済んだら、野菜直売所にでも出して(親への)小遣い稼ぎでもするかな。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

瓶詰め始めました。

カブトムシの幼虫用で、昆虫マットを瓶詰め。 比較的大きめの個体をこの瓶で個別に飼育予定。 100均で買った2リットル瓶、今に思うと実にお買い得でした。 蛹化頃の幼虫サイズだと、これくらいないとしんどいんだよね。 もう売ってないかなあ。今度また探しにいこう。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再び土作り

この前、カブトムシの幼虫の昆虫マットの交換をしたので、準備済みの土がガクンと減ってしまいました。 開封したての昆虫マットは使えないし、どうせならある程度発酵をすすめておきたいので、再び、土の準備。 とりあえず2袋買ってきました。 今回は、以前の分が残っているから多少発酵はすすみやすいかな。 開けたての土はご覧の通り、乾燥…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昆虫マット交換

本格的に寒くなる前に、カブトムシの昆虫マットを交換すっぞ。 この前、買ってきた新品昆虫マットは一度開封してガス抜き兼再発酵促進済み・・・といいたいところだけど、ちょっと時間が短かったのと、水分が足りなかったのか、ちょい発酵は甘め。 後は交換後に発酵が更に進んでくれることを願いつつ、交換完了。 今回の完了でガス抜き完了分がガクン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堆肥からカブトムシ確認

野生のカブト虫が卵を産み付けるのを期待して、初夏にヒーヒーいいながら、臭い思いをしながら作った専用堆肥。 夏の間に、発酵も進んで、3分の1以下にまで縮みましたが、それだけデキはいいということ。 といっても、作りたてのものより、1回冬を越したぐらいの方が発酵が進んでカブトムシもよってくるんだけど、期待半分で掘ってみましょう。 なんか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昆虫マット準備

この前孵ったカブトムシの幼虫用に消費したため、作り溜めしておいた昆虫マットをほぼ使い尽くしてしましました。 袋から開けたてのものは、どうも幼虫に悪影響を与えるようなので、必要になる前に、準備を済ませておきましょう。 愛用しているクヌギマット。 最近は完全発酵高栄養マットもでまわってますが、国産カブトムシだと、こっちの方が相性は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カブト虫の幼虫確認

昨年は、ちょっと早めに土を掘り返したため、卵を傷めちゃったような気がするので、今年はじっとガマン。 9月も中旬に入ったので、試しに掘り返してみると コロコロと幼虫がでてきましたよ。 かなり大きくなってます。 移し替えても問題ないレベルなので、発酵済み昆虫マットを入れた別容器に小分け。 ざっとみて、8匹はいたので、もう少し丁…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キャンプ場でカブトムシ

キャンプにいった時、偶然みつけたカブトムシ うちらの泊まった場所周辺は松ばかりだったけど、少し離れた場所に広葉樹も見えたので、そっちから飛んできたんでしょう。 にしても、針葉樹しかない場所にとんできて、草むらで足掻いてるとはちょっとオマヌケなカブトムシだこと。 もちろん、捕まえたりはせず、そのまま逃が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カブトムシ売れた模様

カブトムシの羽化がぼちぼち始まってますが繁殖用に向かない小振りな奴を直売所で売ってみることに 実際かなり小さい 正直、ノコギリクワガタ相手に負けそうなくらい なのでかなりリーズナブルな価格で出品。売れなきゃ隣の子にでもあげようとでも思っていたら、無事売れましたよ。 もう一回ぐらい売りにだせるかな?
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またもや外道

この前仕掛けたペットボトルトラップ 多少は暑くなってきたし、自宅のカブトムシももうすぐ地面にでてきそうだしで期待してもいいんじゃないか。 と、山の中に足を踏み入れると、なにやら罠の中に、蠢く黒いモノが。 カブトしては小さいけど、もしかして、クワガタ? 急いで駈け寄ってみれば …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

残念 外道だ

以前から、熟しすぎバナナをしかけたおいた山中ですが、これまで戦果はなし。 越冬したヤツはいないのかなと諦め、そろそろ今年の分がでないかと思いつつ、餌の交換に足を伸ばしてみると、なにか動いているモノが って、なんだよこれー! あきらかに カブトムシでもクワガタでもなく、カナブンの一種。 いや、毎年、こういう外道やハズレがいない…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ようやく成虫に

蛹になってから早○週間。 かなり茶色というか焦げ茶糸に近くなってそろそろかそろそろかと思っていましたが、ようやく羽化が完了。 カブトムシの成虫がでてきましたよ。 とりあえず、3匹が羽化したことを確認。 もっとも、ご覧のとおり、まだ羽根が薄い茶色なだけに、地面にでてくるのも先に話。 1週間ぐらいはか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

特製ドリンク

色々、餌やら罠やらしかけてみたものの、今のところ収穫はなし。 どうやらこの近くには、越冬するクワガタはいないみたいです。 まあ、そうこうしているうちに、今年も成虫がでてくる時期になりました。 クワガタだけではなくカブトムシもつかまるぞー! 例のバナナとかも使いますが、今年はネットで色々ググったりした結果をごちゃ混ぜにして、ス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年もソーラーライト

今年も、スイカやトウモロコシの周辺に、野生動物除けと、カブトムシやクワガタのおびき寄せも兼ねて、ソーラーライトを設置。 昨年は、試験的な意味もあり、予算をケチって2個しか設置しなかったので、どれくらい意味があるのか不明でしたが、今年は思い切って、まずは6個設置w 発光色も、ホワイトとイエローの2色を混ぜてみました。 けど、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遂に蛹化

蛹室ができたものの、そのまま変化なしが続いて、やきもきさせてくれたカブトの幼虫ですが、ようやく蛹化が始まりました。 とりあえず、オス2匹の存在を確認。 もう1匹蛹化しているようですが、ちょっと蛹室の場所が悪くて、形状が確認できません。 メスが2匹以上いれば、今年の産卵も確実なんだけど。
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

蛹室できてた

10日ぐらい前から、カブトの幼虫の動きがやけにせわしない。 昆虫マットの中から飛び出してきたり。 なんか茶色がかってきたかな。と思ったら、遂に大きな空間が出来てました。 幼虫も明らかに茶色になってるし、このまま順調にいってくれれば無事蛹になってくれそう。 今年は、幼虫の数が少ないので、なるべく蛹から無事成虫へと繋げたい。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クワガタ捕獲のためのその2

この前、クワガタ捕獲の餌として、完熟すぎて傷みかけバナナをつかいましたが、更にもう一押し。 黒糖入り焼酎 焼酎に黒砂糖を溶かしたものですが、焼酎と黒砂糖、ともに「たるい」系の匂いが強い存在ですので、かなり有効なはず。 主に霧吹きを使って、木にふりかけます。 件のバナナにもかけると、熟すのが促進されて有効な一面も。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

クワガタ捕まえるぞー!

今年、蛹から羽化するヤツはまだまだだけど、越冬したクワガタは、そろそろ活動しはじめるらしい。 うちのコクワガタも、もそもそ動き出しているしね。 この辺に越冬するクワガタがいるかは確認したことはないけど、試してみないことには、はじまらない。 毎年、夏に使っている、カブトムシ/クワガタの捕獲仕掛けを、山へ設置に。 餌を入れる籠、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カブトムシ幼虫引っ越し

これまでの経験から、幼虫が蛹になるのが6月下旬くらい。 蛹室が出来る前に、思い切って、昆虫マットの交換です。 100均でみつけた2㍑瓶に予め袋開けして発酵を進めておいたマットを入れ、幼虫を移し替え。 でもって古い瓶から幼虫をとりだしてみると… やはりというべきか、大きな瓶に入れておいた幼虫の方がやはり大きく鳴っている模様。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

堆肥作ってます

うちの堆肥は、畑の肥料として使う都合上、定期的に掘り起こすため、どうしてもカブトムシの幼虫の存在の有無に当たりはずれがでてしまいます。 天然物のカブトムシの幼虫、時々大当たりで、とんでもなくデカいヤツがでることもあるので、やはり堆肥はおさえておきたい。 ということで、カブトムシ専用堆肥を作ってみることにしました。 まずは、幼虫…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more