テーマ:肥後守

木蓮彫刻その2

この前の木蓮彫刻から多少なりとも慣れてきたので、も少し難しいとまではいかなくても、それらしいものに挑戦。 一応鳩をイメージしたというか、彫っていたら鳩みたいになってしまったので鳩に決定w 初めは鷹か鷲を彫られたらいいなあ。と思っていたのにTT
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木蓮で彫刻

庭木 伐採した木蓮の枝。 彫刻材料に使えないかと、適当な長さに切って、乾燥させてみました。 そこそこ乾いてきたので、試しに1本。 刃を当ててみますと…う~ん、流石にまだ乾ききっていないか。まあ当たり前。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今度は串彫刻

木蓮は細い枝とはいえ、なかなか乾いてくれませんので、どうにか慣れてきた手をなまらせないために、またもや手近なもので彫刻です。 割り箸は飽きたので、今回は串を使ってみましょう。 出所はコンビニのフランクフルトです。 割り箸は木製ですが、今回は竹串です。 木目とはちょっと違う竹の感触。 もっとも、むかし竹とんぼやらなんやらで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

割り箸彫刻その2

木蓮の枝を乾燥させている間、割り箸でもう少し彫刻に挑戦です。 木の葉が重なりあったものをイメージ。 今回は斜めに削るということと重なりあった部分を削り出すということがポイント。 2~3枚目あたりまでが要領を掴めず大変でしたね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい素材をゲット!

始めたばかりの肥後守彫刻ですが、割り箸の次は何にしようかと… 100均で色々と木材も売っていますが、どうせなら買わずに済ませることに意義がありー! と、ちょうど木蓮を伐採し、切り落とした枝の大半は捨てることになるのでこれを使わない手はない! http://ashitaha.at.webry.info/200811/article_…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

割り箸と肥後守で

この前切り出しと一緒に研いだ肥後守だけど、ちょっと使う機会がないまま時間が過ぎてしまってます。 http://ashitaha.at.webry.info/200810/article_71.html このままじゃちょっと勿体ないけど、使い道と言っても、最近は鉛筆じゃなくてシャープペンだしなあ。 竹とんぼ作ってもしょうがないし… …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アウトドア以外の刃物も。

母親から包丁の切れが悪いとクレームが入ったので、包丁を研ぐついでに最近研がなかった刃物も研ぎ直し。 上は切り出し。 主に植木の剪定などで切断面の削りに使用しています。 昔はこれで、竹とんぼをけずっていたこともあります。 下は、結構有名だけど、次第にお目にかかれなくなりつつある肥後守。 私が子供の頃は、鉛筆削りというより、割…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more