テーマ:山歩き

ちょうどいいケースゲット!

山歩きやら山菜採りやらする都合上、車には大抵、鉈に剣鉈、場合によっては手斧なんか積んでます。 この辺だと、これくらい積んでいても特に問題はありませんが、車にはこういうものを固定するような設備はありませんから、トランクか助手席の足元に放りっぱなしの場合が多くなり、いざという時、ちょっと引っ張りだしにくいことも。 管理の問題もあるし、何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胡桃の実

胡桃の実を拾ってきました。 採取場所は、色々な事情によりナイショです。 胡桃の実は基本、木から採るのではなく落ちたものを拾うので、本格的な採取にはまだ早いのですが、この前の土砂降り+強風で落ちたものをゲット。 故に、数は少なめです。 この外側の皮の下に、あの固い殻の胡桃が存在しているわけですが、この外皮は無理に剥がしたりはせ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

踏み入っても踏み入っても

はい、この前の産卵木調達の際、実家の畑までいったわけですが、なんというか身中の変な虫が動きだしまして、久しぶりに目の前にある山の中までいってきました。 正確には、そこから沢に降りていく形かな。 しかし、流石梅雨時。蒸し暑いだけあって山野草やら木々やらの成長凄まじい。 正に踏み入っても踏み入っても青い山。赤い狐。緑の狸。白い力うどん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タニシ捕獲

留守中の鶏の餌やりを頼まれたついでに、ちょっくら山野をモンハン並みに駆け回ってきました。 あわよくばと思っていたものの、今年は大雪の影響かまだゼンマイは頭をだしていません。 少なくとも1週間、下手をすると2週間遅れているか? まあ、そっちはそれほど採取するつもりもなかったのですが、かねてからの目的としてタニシを捕獲。 計…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

実家留守番から帰還

予定よりちょっと早く帰ってこれた。 まだ陽があるうちにもどってこれたので、色々と有り難い。 まずはカメさんに餌をあげて、メールのチェック。当たり前だけどスパムメール多い。 実家では鶏の餌やりでボスの雄鶏とバトルを繰り広げたり、ちょっと山の中を歩き回ってきたりとそれなりに充実した日々でした。 久しぶりの山歩きで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

当然だがやることもなし。

実家にいるとPCがないので普段やっていることのうち、かなりのことができない。 こういう時はスマートフォン系端末があれば多少なんとかなるんだろうけど、こういう時にしか使わないこと確実だけに高すぎる買い物になるしなあ。 とりあえず鶏の餌やりついでに山を散策。当然だけど遊歩道どころか獣道以上山道未満をかきわけかきわけだぜ。 でタニシと両…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

折り畳みスコップ

あれば便利だな。だけどムリに買うほどでもないなというものの1つだった折り畳みスコップ。 山歩きの時、スコップがあったらなあということは結構あります。 剣鉈で掘り起こすという力技もありますが、そもそも片手持ち刃物では無理があるので、ちゃんとしたスコップ欲しいけど、使うか使わないか分からない丸スコとか持ち歩くのは山の中ではシンドイ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然薯喰うぞー!

掘削中に折ってしまった自然薯。 このままだと傷むだけなので、さっさと食べてしまいます。 洗って土を落とした後、急いでコンロで炙ってヒゲ(根っこ)を焼き落とします。 もたもたしていると、どんどん傷んでいく~いそげ~ 以前、おろし金ですったら、金気臭くなると御批判を頂いたので、手間はかかるけどすり鉢にすることにします。 す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自然薯初掘り!

今年も、自然薯掘りにいってきました。 相変わらずいつ熊がでるか分からないところです。 畑の長芋と違い、自然薯の蔓はまだまだ元気でした。 零余子の色も若干緑がかっていて、ちょっとまだ早いかな。 というわけで、1本掘ってみましたが、長芋と違い、まだまだ自然薯掘りには未熟。 後少しというところで折ってしまいました。 無傷な部分…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

巨大(?)ナメクジ出現!!

カブトムシやクワガタ捕獲のために餌を仕掛けにいった際、遭遇! かなり大きめのナメクジ 全長15センチ近くはあるでしょうか。 これほどの大物は、自然豊かなこの辺でも滅多にみません。 一般的な数センチのものならしょっちゅうですが。 もっとも、こんな巨大な蛞蝓があちこちにいては畑も庭木も心臓もたまったもんではありませんが。 そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオウバユリの蕾

山の沢あるいはその周辺にあるオオウバユリにもいよいよ蕾らしきものがでてきました。 周囲の葉っぱは結構虫に喰われていますけど、自然の中ではこれくらい想定内ですな。 蕾は明らかに元気そう。 もっとも、オオウバユリは、花を咲かせる時、大抵は3輪から5輪、場合によっては10個の鼻を咲かせることもあるでの、ここから更に広く展開し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

野良錦鯉?

山を分け入った先に新しくツツミができたことは2年前に分かっていたことですが、今回ちょっと脚を伸ばしてみたら、なんと錦鯉を発見。 鮒やハヤぐらいはいると思っていたけど、まさか錦鯉とはね。 こっちでは、田んぼのためのため池での錦鯉養殖も一時期盛んだったから、上から流れてきたものが、ここで大きくなったかなと思ったら、1匹だけで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

再び木イチゴ

ちょっと山の方に入ると、かなり実りの時期が違ってくるもんだね。 この前とは全然違う場所で木イチゴ発見。 しかも、かなり食べ頃でしたよ ちなみに、あの後調べたら、この木イチゴ、正式には紅葉イチゴというそうで、確かに言われてみると、葉っぱが紅葉と似ていないこともない。 けど、紅葉の同じような葉っぱの植物…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コウゾの実

コウゾといっても、分からない人もいるでしょうね。 和紙とか、漉いて作る紙の主原料となる木です。 厳密にはこのコウゾの木の樹皮ですね。 そばに桑の木があって、実がなりかけていたので、こっちの桑の木かと思っていたら、実が明らかに違う。 家に帰って、久々に図鑑を引っ張り出してみたら、コウゾということが判明。 ふ~ん、こっちの山に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

オオナルコユリ

春先は、葉っぱの形状から普通のユリだと思ってたんですよ。 けど、少しずつ伸びてくると微妙に形が違うし、先端もユリっぽくないなあ。 と思いだした頃、なんか茎の途中からぶら下がりだしたぞ。 これはユリじゃないなあ。ということで調べてみたら、オオナルコユリという花らしい。 このぶら下がったものが花。 う~む、まだまだ山には知らな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

つるりんどうの芽らしきものが

昨年秋、山から採取してきて、この春、種をまいたつるりんどう。 やっと、芽らしきものがぽつぽつと 種を蒔いてもう1月になるのに、反応がなく、冬場それほどちゃんと種を管理していたわけじゃないので、こりゃダメかなと諦めきっていたら、不意に緑色のモノを発見。 やはり、自然から直接とってきたものは管理が難しいわ。 この後も、ちゃんと育…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松ぼっくり拾ってきた

山歩きのついでに、松ぼっくりを拾ってきた。 別に童心にかえったとか、郷土玩具を作ってみようとかそんなわけではなく、キャンプとかで焚き火の着火剤に使う為。 市販のジェル状着火剤とか使うと、匂いとかが残るし、なによりそこまで市販品に頼り切るのは、なけなしの意地が許さないw 山歩きは趣味だから、元手は限りなくタダだしねw ビニール…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黄菖蒲

山歩き中に沢の中に咲いているのを発見。 けっこう頻繁に脚を運んでいる場所なのに気づかなかったのは、この時期、あんまし山菜がとれないこともあるかもしんないw 遠くから見つけた時、菖蒲だとは気づかず、「黄色い水仙?」とと思ったのは、紛れもない事実です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

桑苺も熟した。

赤みがかったオレンジにまでなった桑苺の実ですが、そこからなかなか色が変わってくれません。 シビレをきらしかけた頃、どうにか何個、紫色に熟した桑苺。 何個かは案の定、虫や鳥に食われてましたけど。 よく熟した桑苺は潰れやすく、しかもこの紫の染み、一度つくとおちません。 子供の頃は、よく叱られていたなあ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木イチゴなってたよ

山を散策していたら、偶然、黄色の木イチゴを発見。 完熟には微妙に早かったものの、待ちきれずパクリ 子供の頃から木イチゴ木イチゴと呼んでいるので、正式な名前はわかりません。 桑苺と並んで、学校の帰り道に摘み食いしていたおやつですが。 最近は、伐採されたりして、ホント山の中でないとおめにかかれなくなってきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山ツツジの花

山の植物の花は、いきなり咲いたかと思うと意外なほど短命で散ってしまうので、撮影も難しいです。 この山ツツジも、蕾が連日の暑さにやられたのか、だいぶしわくちゃになっていて、こりゃ咲くのかと思っていたら、突然咲き出しましたよ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホウの花の中身はこんな感じ

ホウの花は咲きかけが一番きれいなんですよね~ 完全に咲ききってしまうと、なんか中から凄いモノが・・・ 花が咲ききって、花びらが傷みはじめると、もうアカン! なんかもうエグいことになってしまって… 真ん中にそびえ立つのがめしべかな。 コレがそっくり種になります。 赤い種が、トウモロコシのようにぎっしりと密集するよう…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ヘビを撮影

ヘビをカメラにおさめるというのは、なかなか難しいです。 まずヘビというのは、茂みとか石の間とかに潜んでいるのでなかなか見つからない上。 その上、見つけた途端に逃げられてしまうので、カメラが間に合わない~ 今回は本当に幸運(?) まだ充分に温まっていないせいか、ちょっと動きが緩慢。 なんとか、はっきりと写せるところまで近づけまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フタホシ(?)テントウ

山歩きの時、偶然見つけたフタホシテントウムシだけど、アレ? よく見れば、模様が丸でなくて蹄鉄というかU字型だ。 こういった模様はかならずしも円になるとは限らないことは知っていたけど、ここまで変形しているものは始めて見た。 う~ん、しかし惜しかったなあ。 ほんのちょっと形が変われば、ハート型になったのに。 そうすれば、も少し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コナラの苗 植え替え

昨年秋に山歩きついでに拾ってきたドングリ。冬の間に発芽に成功。 ちょっと過密気味に植えてしまったので、大きめの鉢に植え替えました。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コナラの花

一瞬、虫がぶら下がっているかのようにも見えますが、これがコナラの花です。 栗や胡桃の花同様、見た目あんまし綺麗なもんじゃないけど、これがないとコナラの実、つまりドングリがなってくれません。 ドングリがならないと、秋、冬ごもりのための餌に困ったクマが畑に出没して…うぎゃー! そんなわけで、大切なコナラの花ですが、どういうわけか、…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

今度はワラビ採り

ゼンマイも粗方採り終わったので(本当の山にいけばこれからですが)、今度はワラビをとることにします。 ワラビはゼンマイほど高価取引されないのと、ちょっと日当たりのいい場所なら、どこにでも生えて、しかもどんどんと伸びる新芽がでるということで採りまくりです。 しかし、問題が1つ。 こっちでは、ワラビ採りの頃にクマがでるという話なんで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なかなか綺麗な蜻蛉

山歩きの際は、帰りにお土産wが増えることを考えて、どうしても持ち込む荷物が制限されてしまいます。 コンパクトデジカメだと、風景や植物を撮るのはいいとしても、鳥とか虫とか動きが速いモノ相手はなかなか大変。 こういった小さなトンボを撮るのはかなり大変でした。 とんぼは、動きが速いし敏感だし。 今回は、なんとか頑張って、ここまで寄…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホウの花

ホウバミソでお馴染みのホウの木に花が咲きました。 葉っぱの方が有名すぎるためか、意外と花のことを知らない人が多いみたいです。 蓮を思わせる白い花が咲いています。 葉っぱも大きいですが、花もそれに負けず大きい。 ちなみに蕾はこんな感じ。 もちろん蕾が大きいことはいうまでもありません。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

オオウバユリの株

山菜採りついでに山の中を散策していたら、オオウバユリの株をいくつも発見。 かなり大きなものもゴロゴロと これだけ大きいと、秋、花が咲くのが楽しみになってきますね、 さて、何輪咲きになることやら。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more