テーマ:彫刻

なんとなく削っている日々

この前、ちょいと書きましたが鉛筆を肥後守でチマチマ削るのがマイブームというか日課みたいなもの。 どれだけ巧く綺麗に削れるか、芯の先端をとがらすことができるか、自分との闘いだ! とまあ、鉛筆だけ削っていてもなんか飽きてきたので、ちょいと 彫刻刀で、手元にあった棒を色々と削ってみました。 まだ何を彫るという段階ではないですね。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木蓮彫刻その2

この前の木蓮彫刻から多少なりとも慣れてきたので、も少し難しいとまではいかなくても、それらしいものに挑戦。 一応鳩をイメージしたというか、彫っていたら鳩みたいになってしまったので鳩に決定w 初めは鷹か鷲を彫られたらいいなあ。と思っていたのにTT
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木蓮で彫刻

庭木 伐採した木蓮の枝。 彫刻材料に使えないかと、適当な長さに切って、乾燥させてみました。 そこそこ乾いてきたので、試しに1本。 刃を当ててみますと…う~ん、流石にまだ乾ききっていないか。まあ当たり前。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい素材その3ゲット!

山歩きの時、この前の初雪で折れた枝がかなり落ちていることに気づく。 こういった枝、クワガタの産卵木につかってもいいけど、まだ腐敗がすすんでいないのなら、ということで、彫刻の材料にどうやってことに。 まだ折れてばかりで腐食も進んでいないので回収。 コナラは彫刻材料としてはどんなもんなんでしょうね。 栗の木はけっこう堅いけど、ナ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい素材その2ゲット!

キウイの棚を直した時、込み入った枝もかなり剪定しました。 http://ashitaha.at.webry.info/200811/article_89.html 積雪対策+新芽の促進効果狙い。 で、切り落とした枝、いつもなら燃やしてしまうところですが、この前の木蓮同様、肥後守彫刻の素材に使おうかということで、適当な長さに切り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今度は串彫刻

木蓮は細い枝とはいえ、なかなか乾いてくれませんので、どうにか慣れてきた手をなまらせないために、またもや手近なもので彫刻です。 割り箸は飽きたので、今回は串を使ってみましょう。 出所はコンビニのフランクフルトです。 割り箸は木製ですが、今回は竹串です。 木目とはちょっと違う竹の感触。 もっとも、むかし竹とんぼやらなんやらで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

割り箸彫刻その2

木蓮の枝を乾燥させている間、割り箸でもう少し彫刻に挑戦です。 木の葉が重なりあったものをイメージ。 今回は斜めに削るということと重なりあった部分を削り出すということがポイント。 2~3枚目あたりまでが要領を掴めず大変でしたね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新しい素材をゲット!

始めたばかりの肥後守彫刻ですが、割り箸の次は何にしようかと… 100均で色々と木材も売っていますが、どうせなら買わずに済ませることに意義がありー! と、ちょうど木蓮を伐採し、切り落とした枝の大半は捨てることになるのでこれを使わない手はない! http://ashitaha.at.webry.info/200811/article_…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more