テーマ:菌糸

大きめ菌糸瓶

今回の菌糸瓶詰めは、敢えて2リットルの大型瓶を用意。 というのも、10月の時点で、それなりに大きくなりそうな個体を確認していたため。 オオクワガタは雄の方が大型化します。 これまでは5センチ台後半でしたが、孵化蛹化羽化産卵と繁殖の成功回数を重ねてくると、ちょっと欲も出てきます。 7センチは無理でも6センチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菌糸瓶まとめ作り

この前幼虫を譲渡した知人からの依頼及び甥っ子へのプレゼントも兼ねて、菌糸瓶の必要数が増えた分、いっきにまとめて詰め込みを行うことに。 いい機会なので、蓋がしめにくかったり、口が微妙なサイズだったりしたものを処分する意味もかねて、こいつを使いきっちゃいましょう。 自分用+知人甥っ子分ということで、菌糸ブロック3個を使い切り。 ブ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菌糸瓶移し替え

この前、菌糸カップから菌糸瓶へと移したオオクワガタの幼虫ですが、うち2つほどがかなり派手に喰いまくってます。 見るからに幼虫も大きくなってます。 中の菌糸がどの程度残っているか分かりませんが、交換用の菌糸瓶は既にできているので、下手に菌糸切れになったり劣化する前に入れ換えてしまうことに。 ついで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菌糸瓶へと移動

今年は9月下旬まで暑い日が続いたせいか、オオクワガタの幼虫の成長速度がなかなかのもの。 みるからに菌糸カップが狭くなって、菌糸の残量も減ってきているので、リッターサイズの菌糸瓶へと移動です。 幼虫はだいたい全長3センチ程度になっていたのでタイミング的にもちょうどいいか。 ところが、菌糸カップを開けてみる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菌糸カップ作製

この前の産卵木試験割り出しから採取したクワガタの幼虫が予想より多かったこともあって、準備済の菌糸カップの残りがあやしくなってきたので、本格的な割り出し前に、新たな菌糸カップを作製です。 スーパーで買ってきた110ccのプリンカップに菌糸をえいえいと詰め込んでいきます。 もちろん、蓋付き、でないと、あっとい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

菌糸瓶作製

今年の産卵木から割り出して取り出したオオクワガタの幼虫向けに菌糸瓶を増産。 これまではサイズの問題もあるので、残った菌糸瓶内で飼育していた幼虫もこれで充分な飼育状況下に移せます…といっても、菌糸ブロックを瓶に詰めた後、1週間はまたないといけないんだけどね。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今度は、クワガタの幼虫

クワガタは、カブトムシほどノウハウがないので、産卵させるのも上手くいきませんが、幼虫の飼育もなかなか大変です。 越冬で何匹かやられちゃうし・・・ やっぱり菌糸ビンとか作らないとダメかなあ・・・
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more